講師・アドバイザー紹介(一部)


川上 慎市郎 Shinichiro Kawakami

Kawakami.jpg

早稲田大学政治経済学部卒業 学位:経済学士 。
IESEビジネススクール(スペイン)IFDP修了。

グロービス経営大学院 教員

日経BP「日経ビジネス」誌記者として流通・自動車・家電・IT業界等の企業取材、(社)日本経済研究センター研究員等を経て、複数のネット媒体のマーケティングやシステム開発等に従事。その後グロービスに入社し、グロービス経営大学院のマーケティング領域リード・ファカルティを務める。同領域のプログラムやケースの開発、経営大学院や企業研修での講師を務める傍ら、ケースメソッドによる経営教育の方法論の研究に従事する。共著書に『プラットフォームブランディング』(ソフトバンククリエイティブ)、『MBAマーケティング 改訂3版』(ダイヤモンド社)、『メディア・イノベーションの衝撃』(日本評論社)、『WEB2.0キーワードブック』(翔泳社)など。電子コンテンツサイト「Cakes(ケイクス)」にて、コラムを連載中。


難波 美帆 Miho Namba

Namba.jpg

東京大学農学部農業生物学科卒業。北海道大学理学院自然史科学専攻修士過程修了。

グロービス経営大学院 教員

大学卒業後、講談社に入社し若者向けエンターテインメント小説の編集者を務める。その後、フリーランスとなり主に科学や医療の書籍や雑誌の編集・記事執筆を行う。2005年より北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任准教授、早稲田大学大学院政治学研究科特任准教授、北海道大学URAステーション特任准教授、同高等教育推進機構大学院教育部特任准教授を経て、2016年よりグロービス経営大学院。この間、日本医療政策機構、国立開発研究法人科学技術振興機構、サイエンス・メディア・センターなど、大学やNPO、研究機関など非営利セクターの新規事業の立ち上げをやり続けている。科学技術コミュニケーション、対話によるイノベーション創発のデザインを研究・実践している。
共著・訳書に『女の子って、どうして傷つけあうの? 娘を守るために親ができること』、『食卓のメンデル 科学者が考える遺伝子組換え食品』、『閃け!棋士に挑むコンピュータ』、『頭脳対決!棋士VS.コンピュータ』、編集した本に『新しい高校生物の教科書』、『シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物』など多数


山口 英彦 Hidehiko Yamaguchi

Yamaguchi.jpg

東京大学経済学部卒業。ロンドン・ビジネススクール経営学修士課程修了(Dean's List表彰)

グロービス経営大学院 教員

東京銀行、ボストン・コンサルティング・グループ等を経てグロービスへ。7年間に渡ってマネジング・ディレクターとして同社の経営に参画した後、2014年に独立。現在は企業のイノベーション・パートナー、株式会社EXABIOの代表取締役として、主にサービス、流通、金融、メディア、エネルギー、消費財といった業界のクライアントに対し、成長戦略立案や新規事業開発、営業・マーケティング強化などを支援。加えて、大手企業グループやベンチャー企業、自治体のアドバイザーを務めながら、自らエンジェル投資家として多数の有望スタートアップ育成に取り組んでいる。


加藤 康行 Yasuyuki Kato

Kato.jpg

名古屋大学理学部物理学科卒
Stanford Executive Program (SEP) 修了

株式会社グロービス コーポレート・エデュケーション部門ディレクター
GLOBIS(上海)副総経理

大学卒業後、総合商社に入社し中国ビジネスに従事。合弁会社の設立、その企業を通じたグローバルでのビジネスモデルの構築を行う。その後、戦略系コンサルティング会社に参画。成長戦略策定や、顧客と共に新事業、新会社を設立。コンサルティング会社では、中国事業の進出サポートの経験も蓄積。

現在は、グロービスでは、以下の3点を行っている。

• 講師として、問題解決、経営戦略、マーケティング、リーダーシップ、企業文化変革、アクションラーニング等を担当
•顧客企業の人材育成、組織開発の提案、設計、コンサルティング
• マネジメントとして、戦略策定、組織つくり、人材育成


大牧 信介 Shinsuke Omaki

Omaki.jpg

立命館大学経済学部卒業。東京理科大学大学院イノベーション研究科修了(技術経営修士)。
株式会社グロービス コーポレート・エデュケーション部門ディレクター。
本アクセラレータープログラムのグロービスパートの統括リーダー。

大学卒業後、大手リース会社にて法人営業担当、企画部をへて、グロービスに入社。グロービス・エグゼクティブ・スクールや企業研修にて、経営戦略、マーケティング、自社課題セッション等の講師を務める。大手企業の事業・組織課題解決、新規事業開発、製品マーケティング戦略などを支援。
大企業×スタートアップの新規ビジネス創造のためのエコシステムづくりが、目下のテーマ。グロービス・ベンチャーチャレンジのスタートアップ企業の支援も行っている。


新村 和大 Shinmura Kazuhiro

Shinmura.jpg

京都大学経済学部経営学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 修了(MBA)

ボストン発の起業家育成プログラムStartup Leadership Programの日本代表を務める。これまでに様々な業界のベンチャー企業で経営に参画。(オンライン英会話、Adtech、Edtech、ネットマーケティング等)。2013年、株式会社Socketの最高財務責任者に就任。2015年9月にM&Aにより同社をKDDIグループのSyn.ホールディングスに統合。

2014年には文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトチームに参加し、海外に留学する学生向けの研修プログラムの設計を担当した。創業期ベンチャーでの経営戦略の策定、事業モデルの構築、財務関連業務を強みとする。個人投資家としてベンチャー投資も行う。

一般社団法人スタートアップ・リーダシップ・プログラム・ジャパン 代表理事
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

©GLOBIS ALL RIGHTS RESERVED